お葬式の流れ

葬儀は、決められた時間のなかでやるべきことが多岐に渡ります。
葬儀終了までの基本的な流れをご説明致します。

  • 1. 

    ご逝去・ご臨終直後

  • 2. 

    ご遺体の安置

  • 3. 

    寺院様 枕経 神官様 枕直し

  • 4. 

    葬儀の打ち合わせ・手配

  • 5. 

    関係者への連絡

  • 6. 

    死亡届と火葬手続き

  • 7. 

    お通夜

  • 8. 

    湯灌

  • 9. 

    葬儀式・告別式・御出棺

  • 10. 

    法要・精進落し

1

ご逝去・ご臨終直後

1.ご逝去・ご臨終直後

葬儀が必要になった場合は、まずは弊社にご連絡ください。

0120-25-3436

ご遺体をご自宅または、式場までお送り致します。ご自宅で亡くなった場合、かかりつけ医師に連絡し死亡確認をして頂きます。


死亡診断書

死亡診断書を受け取ります。以後の手続きに必要となります。

連 絡

ご家族・主なご親族などへは至急知らせます。

それ以外のご親族・知人の方等への連絡は混乱となりますので、葬儀の日程などが確定してから連絡をなさると良いでしょう。寺院様または神官様への連絡をします。

2

ご遺体の安置

2.ご遺体の安置

枕元に枕飾りをご用意致します。ご遺体を、ご自宅またはホールに安置致します。※ご自宅に安置する場合は、布団をご用意ください。

3

寺院様 枕経 神官様 枕直し

3.寺院様 枕経 神官様 枕直し

ご都合をお聞きし、日程などのお打合せをします。

ご都合をお聞きし、
日程などのお打合せをします。

4

葬儀の打ち合わせ・手配

4.葬儀の打ち合わせ・手配

以下の項目を打合せ、決定致します。

  • 喪主の決定

  • 通夜・葬儀の日時、式場を決定

  • 遺影写真を決定

  • 葬儀の規模と予算の決定

  • 世話役や主な係りの決定

弊社が通夜・葬儀の手配を致します。

遺影写真の作成・会葬礼状・香典返し・引物・料理・飲み物・茶菓子・生花・花環・篭盛・回転灯・霊柩車・送迎バス・受付用具・案内掲示・新聞広告 など

5

関係者への連絡

5.関係者への連絡

通夜・葬儀の日程などが決まり次第、親戚や友人・町内・勤務先などに連絡をします。


6

死亡届と火葬手続き

6.死亡届と火葬手続き

市区町村役所に「死亡届け」を提出し、火葬手続きを行います。

弊社で「死亡届け」のお手続き代行とコピーをいたします。印鑑が必要です。

7

お通夜

7.お通夜

通夜は17時〜19時頃から始めます。

この地域では、親族の通夜と一般の通夜と時間をずらして行う形が多いです。

通夜の後には、親戚や知人の方々に食事をして頂きます。

8

湯灌

8.湯灌

死化粧・死装束などをし、お棺にご遺体を納めます。

故人の愛用品などもお棺に納めます。 (火葬して燃えるもの)

会館で通夜を行う場合、お通夜の前に湯濯・納棺を致します。

※プロの湯濯師の手配も致します。

9

葬儀式・告別式・御出棺

9.葬儀式・告別式・御出棺

葬儀並びに告別式は、宗派によって異なります。


御出棺

仏式では出棺経 神式では出棺祭

寺院様神官様によって、出棺にお見えにならない場合もあります。

お棺に花を入れ、最後のお別れをします。

近親者で棺を霊柩車に運び、出棺となります。

火葬場

火葬場では十分にお別れをする時間はございません。

※ホールでお別れの場合もございます。

10

法要・精進落し

10.法要・精進落し

法 要

この地域では、葬儀が終わりますと、仏式では三日目開蓮忌の法要など、神式では十日祭などが行われます。

精進落し

法要が終わりますと、精進落しとなります。

精進落しでは、寺院様または神官様、世話役、お手伝いの方々をもてなします。 精進落しは1時間〜1時間半が目安です。


電話する
お問合せ