白木位牌

表には、戒名(法名・法号)が書かれ、裏には、俗名と死亡時の年齢などが書かれます。

一般的に四十九日まで白木の位牌を用いますがこれを「内位牌」「仮位牌」とも言います。
この期間は仏壇でなく中陰壇に置かれるのが一般的です。

また内位牌とは別に「野位牌」が作られ埋葬地に置かれることもあります。
忌明けと共に、内位牌は寺に納め、野位牌は墓に埋めたり燃やしたりします。

忌明け以降は、塗り位牌を使います。

この記事を書いたスタッフ

役職館長
氏名古川 麻貴
メッセージ故人様と最後のお時間をゆっくり過ごせる会館であるように心がけています。

すべてのことを
「お客様の立場」に立って

葬儀は、宗教・形式・費用などお客様一人ひとり違います。
文花堂では決まったプランだけではなく、お客様一人ひとりのお話を伺い
お客様の立場に立って葬儀をご提案致します。